フォワードの買取や特徴について

フォワードの買取価格や特徴、豆知識について詳しく解説いたします。
【王道】のトラック買取は面倒なお手続きは一切ございません。お気軽にご相談ください。

フォワード ダンプ H19/1

  • フォワード コンテナ専用車(アームロール)
  • フォワード アルミブロック
  • フォワード クレーン
  • フォワード アルミウイング

フォワードの歴代最高買取額

335万円

  • 買取数:2000台以上

現在高額買取強化中

査定ポイント
可能な範囲で清掃・洗車をしておく事で査定ポイントが上がります。

あなたのトラックについて相談・査定してみる

~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

フォワードの買取価格について

業界でもフォワードはかなり人気の車種のため高額で取引されています。
買取実績を見ても、高額で買取していることが分かります。
【王道】では、フォワードの買取については特に高額買取強化中です。

フォワードの特徴について

フォワードとは、いすゞ自動車が製造し販売している中型トラックの名称です。
1966年に初代フォワードがセミキャブオーバー型のトラックとして登場しました。

フルキャブとショートキャブの2つの種類が設けられています。
1985年にトラックで初めて「グッドデザイン賞」を受賞したのが実はフォワードだったのです。

現行車には、ウイング車やドライバンなどの2種類があるFカーゴや温度管理仕様のバンであるFカーゴクールのシリーズなどもあります。

Fカーゴは実用的な装備や仕様などにこだわっており、いすゞオリジナルの完成車なのです。
選択率が高いボディ装備を使い、様々な積荷にも対応できる能力を備えています。
またFカーゴクールであれば、ロールボックスパレットなど食品を輸送するときに主体となるものの積み降ろしに最適なテールゲートリフトを標準化するなどの工夫がされています。

片方だけでも開けるサイドドアなども備え、サイドからの荷降ろしにも対応できるようになっているのです。
様々な積荷にも対応できるように配送や拠点などの輸送への大きな戦力として利用できる仕様なのです。

いすゞフォワードの買取なら、【王道】にお任せ下さい。

フォワードの詳細

開発時期1966年
ディーラーいすゞ(ISUZU)
業種建設業、運送業、産廃業
製造国日本
形式ワイドキャブ・6200ボディ・後輪エアサス、8.5立米・プレス式他
~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

フォワードの買取実績

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP