ファイターミニヨンの買取や特徴にについて

ファイターミニヨンの買取価格や特徴、豆知識について詳しく解説いたします。
【王道】のトラック買取は面倒なお手続きは一切ございません。お気軽にご相談ください。

ファイターミニヨン ダンプ H4

現在高額買取強化中

査定ポイント
可能な範囲で清掃・洗車を行う事で査定ポイントが上がります。

あなたのトラックについて相談・査定してみる

~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

ファイターミニヨンの買取価格について

業界でもファイターミニヨンは人気の車種のため高額で取引がされています。
自家用車からダンプ・散水車・タンクローリーと需要が高いため、
【王道】では、ファイターミニヨンの買取については特に高額買取強化中です。

ファイターミニヨンの特徴について

ファイターミニヨンとは、三菱ふそうトラック・バス株式会社が製造・販売しているファイターからの派生モデルです。

構造は、中型トラック、ファイターのシャシーに小型トラック、キャンターのキャブを組み込んだ形になります。

1987年に登場し、10年後の1997年には、4tクラスでは初の低床サブフレームレスダンプである、ファイターミニヨン楽床ダンプが発売されました。
しかし、現在では絶版になっています。

ファイターミニヨンは、平ボディのカーゴタイプや簡易クレーン付き、ダンプ、散水車、タンクローリーなど多くの仕様があります。
ファイターミニヨンがキャンターと違うところは、助手席側に安全窓があることやバンパーが大きめであることです。

ミニヨンという名称の由来は、フランス語で優雅という意味の「mignon」とミニ4トン車の2つの意味をかけあわせたといわれています。
旧普通免許制で運転できる中型トラックの総重量は最大で8t、積載量は4tになります。

車両重量を減らすことにより積載量を増やすこともできます。
同時期のファイターやファイターNXより価格が低く、自家用車やレンタル用としても広く出回っています。

三菱ふそうファイターミニヨンのご売却なら、【王道】にお任せ下さい。

ファイターミニヨンの詳細

開発時期1986年
ディーラー三菱ふそう(MITSUBISHI)
業種建設業、農業、輸送業等...
製造国日本
形式FH217CD、FH218K、FH228CD等...
~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

ファイターミニヨンの買取実績

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP