ブルーリボンの買取や特徴について

ブルーリボンの買取価格や特徴、豆知識について詳しく解説いたします。
【王道】のトラック買取は面倒なお手続きは一切ございません。お気軽にご相談ください。

画像準備中

現在高額買取強化中

査定ポイント
洗車をして少しでも綺麗にしておく事で査定ポイントが上がります。

あなたのトラックについて相談・査定してみる

~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

ブルーリボンの買取価格について

業界でもブルーリボンは人気の車種のため高額で取引がされています。
路線バスや、観光バスとしても需要が高く、市場では高額で取引されています。
【王道】では、ブルーリボンの買取については特に高額買取強化中です。

ブルーリボンの特徴について

ブルーリボンとは、日野自動車が販売していた大型バスです。
1953年、センターアンダーフロアエンジンバスBD系にブルーリボンと名付けたのが始まりです。

車両中央部に床下エンジンを置いているので、前後に2つの扉がある場合、後ろの扉が車体の最後部に設置できるのが特徴です。

1982年には、観光バスRS系のスケルトンボディが路線バス採用され、ブルーリボンの名称が与えられています。

2000年になるとブルーリボンシティという車両が登場しました。
その後2001年には、ハイブリッドシリーズが誕生しました。

2005年頃、ハイブリッドバス以外の仕様は、いすゞやエルガと統合した車両のブルーリボン2へと移りました。

ハイブリッドシリーズは、リボンシティハイブリッドとして現在もラインナップされています。
また、ブルーリボンシティにモデルチェンジをしたときに、車体の前面下部分のドアに視野拡大窓やセイフティウィンドウが標準装備されました。
さらに、バンパーとヘッドライトが一体となり、外部ドアコックがナンバープレートの後方に変更されました。

日野ブルーリボンのご売却なら、【王道】にお任せ下さい。

ブルーリボンの詳細

開発時期1953年
ディーラー日野自動車(HINO)
業種陸運業
製造国日本
形式HM-HU1JMEP、LNG-HU8J系、RU60・RU63・RY63系等...
~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP