三菱ふそうについて

三菱ふそう 1917年に設立された三菱造船(後の三菱重工業)から独立した三菱自動車工業。そのトラック・バス部門と産業用エンジン部門の一部が分社化して独立した会社が三菱ふそうトラック・バス株式会社です。三菱造船神戸造船所で製造されたB46型B46型乗合自動車「ふそう」が誕生してから、2012年で80周年を迎えました。 そのガソリンバス「ふそう」と社名の「ふそう」は、日本の別称「扶桑」に由来し、「いすゞ」と並ぶ少数派の平仮名ブランドですが、ドイツの自動車会社ダイムラーの連結子会社として商用車(トラック・バス等)および産業用エンジンの製造を行っています。海外での販売比率が高いことから、ダイムラーグループの中では主にアジアを中心としたブランドとしてのポジションを確立しています。また、三菱グループ各社とも資本関係を含めた一定の関係を維持しています。 三菱ふそう製の自動車はデザイン・性能ともに定評があり、世界各国で多くの人々に愛用されています。中でもトラックにおいては長距離輸送に適したエンジンのバランスの良さから、トラック業界では世界シェアトップを誇ります。1.5tクラスの小型トラックから10tクラスの大型トラックまで幅広いバリエーションや豊富なラインナップも魅力となっています。
~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

三菱ふそう以外のトラックディーラー

三菱ふそうの買取実績

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP