コマツについて

コマツ コマツ(株式会社小松製作所、KOMATSU)は、1917年に銅山を経営していた竹内鉱業(株)が、自社用工作機械・鉱山用機械の生産の為に石川県能美郡小松町に小松鉄工所を開設したことから始まっており、その歴史は、そのまま日本の建設機械産業の歴史であるとも言えます。 1921年に小松鉄工所を竹内鉱業(株)より分離独立し、現在の登記社名である「(株)小松製作所」が設立されました。「品質第一の取組み」をモットーに、各種工作機械をはじめ、トラクターやブルドーザーの国産化に成功し、フォークリフトやダンプトラック、油圧ショベルなどの建機製品を次々と手掛けていきました。コマツ製油圧ショベル「パワーショベル」という商品名は、現在では油圧ショベルの一般的な呼称として定着しています。 海外での活動展開も1950年代からと早く、徹底した品質管理と、ライバルであるキャタピラー社の製品の検証等を積極的に行い、グローバルメーカーに負けない一流企業へと成長しました。今や世界に50以上のグループ企業と生産・販売拠点を展開し、日本における建設機械のシェア1位を誇るコマツ。その原点となっているのは、代々受け継がれてきたコマツの精神『品質第一のものづくり』に他なりません。
~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

コマツ以外の重機ディーラー

コマツの買取実績

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP