バキュームカー(吸引車)について

バキュームカー(吸引車)とは

バキュームカー(吸引車)バキュームカーは浄化槽や今では少なくなった汲み取り式便所などに蓄積した汚泥などを回収するための吸引機とタンクを搭載した車両です。神奈川県が1951年に初めて開発導入し、その後全国に普及しました。1980年以降は下水道の整備が進んだため、需要は低くなっています。それでも浄化槽などの汚泥吸引は現在でも必要な作業となっています。ちなみにバキュームカーというのは和製英語であり、別名は衛生車、糞尿収集車、汲み取り車などと呼ばれています。

バキュームカー(吸引車)の特徴

吸引の仕組みとしては、真空ポンプを作動させてタンク内を減圧します。そして装備しているホースで汚泥などを吸引する方式を取っています。吸収した汚泥は分解処理を施したり焼却するための施設へと運ばれます。時には水害による溢水などを回収したり、土砂を含む泥などの回収にも使われます。回収する対象は液体に限らず、土や砂など幅広く吸引可能な装置を搭載しています。

現在の日本では汲み取り式便所などを吸引する機会は減りつつありますが、下水道が整備されていない山奥などでは現在でも重要な役割を果たしています。何よりも水害などによる浸水などに迅速に対応できるとあって、市町村などがバキュームカーを保持している割合が高くなっています。

バキュームカー(吸引車)高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両のバキュームカー(吸引車)以外の車種

その他の形状

PAGE TOP