トラッククレーンについて

トラッククレーンとは

トラッククレーントラッククレーンは道路を走るときの運転席と荷台の上にあるクレーン装置の操縦席が独立しているタイプの車両です。働く車として幼児にも広く認識されるほど認知度の高いトラックです。人の力では持ち上げることのできない建材を荷揚げ、荷下ろしすることができます。主に建設現場などで活躍する欠かせない重機です。

トラッククレーンの特徴

トラッククレーンはトラックの荷台部分を取り外しアウトトリガーとクレーン装置を架装しているため走行性能はトラックと同じです。機動性に優れており、高速走行、長距離移動が可能です。作業現場まで自走して移動することができるため活躍する機会も多くなります。

トラッククレーンには様々な種類があり、油圧モーター式、油圧式、機械式でクレーンを動かすもの、タイヤが沢山ついているものや、小型のもの、大型のものなどがあります。サイズは小型のものから大型のものまで様々です。街中で一番多く見かける一般的なトラッククレーンでは約20?50トンの荷物を吊り上げることができます。トラッククレーンの操縦には、トラックの免許に加えて「移動式クレーン運転士免許」が必要になります。また、トラッククレーンは陸上自衛隊でも利用されており災害現場などにも派遣され、救助活動にも役立っています。

トラッククレーンの機構

トラッククレーンの機構トラッククレーンのウインチの伸縮はブーム段数によって違いがあるが、3段以上であれば、複数の油圧シリンダを用いるか、ブームの境目ごとにワイヤーを設置し、各ブームが同時に動くワイヤーロープ式が用いられます。一般的なトラッククレーンの場合、クレーンの伸縮・起伏や、アウトリガー装置など全てが、トランスミッションPTOに接続された油圧ポンプによって作動されます。

買取の王道にご売却いただいたトラッククレーン車両の一例

レンジャートラッククレーン
266万円

上物:タダノ

装備: タダノTS75M・フルオート・クレーン検査有・4.9t吊り

レンジャー

クレーン付のトラッククレーン以外の車種

その他の形状

PAGE TOP