買取の王道は、買取額の限界に挑戦中!

タイヤユンボの
高額買取ならお任せください!

  • 日本全国対応
  • 買取実績多数
  • 24時間受付

査定申込み

かんたん30秒!ネットで無料査定!

メーカー
年式
車種名
走行距離(km)
稼働時間(h)
形状
型式

お客様情報入力画面へ進む

タイヤユンボとは

タイヤユンボ

ユンボ(yumbo)は仏・シカム社の製品呼称で、日本ではシカム社と技術提携した新三菱重工業(現・三菱重工業)が1961年に代表機種のY35を初めて発売し、この名前が広く普及しました。一般には油圧ショベル・パワーショベル・バックホー等と呼ばれる建設機械の呼称の一つで、土木建設業界では、「油圧ショベル」の代名詞として「ユンボ」の名称が多く使われています。ディーゼルエンジンを動力源とし、油圧により作動するアームにアタッチメントを付けることで採掘・掘削・破砕・打設等、幅広い作業に使用できます。一部のクレーン機能を持つ機種では吊り上げの作業も可能です。

タイヤユンボの特徴

ブルドーザー等とは異なり、車体全体が旋回するユンボは現場であまり場所を変えずに作業を行えるため、走行装置の消耗を抑えることができます。タイヤユンボとは、走行装置がクローラではなくホイール(タイヤ)を装備したもののことを指します。

タイヤユンボはクローラ式の通常のユンボに比べ、不整地での走行性・安全性には劣る部分がありますが、現場への移動に重機運搬車を必要とするクローラ式に対し、タイヤユンボは公道自走により現場へ移動できるというメリットを持っています。

お問い合わせ

その他重機の形状一覧

PAGE TOP