散水車について

散水車とは

散水車散水車とはその名のとおり、水を撒く装置を備えたトラックです。水を撒くためには当然ながら水を貯水しなければいけませんので、貯水するタンクを搭載しています。タンクの形状は円筒形や楕円形ものがありますが、楕円形の場合は走行時に安定性に優れるという特性を持っています。散水車は色々な用途で使用されますが、基本的には環境をクリーンに保つことを目的として使用されるため、生活レベルを安定的に保つために欠かすことの出来ない車です。また、日本道路公団などが高速道路で使用するものは、トンネル洗浄用のホースや放水銃、散布量を一定に保つための装置などを装備しています。

散水車の特徴

散水車はもちろん道路に水を撒くことが主な用途ですが、水を撒く理由としては以下のようなものがあります。・作業現場でのホコリ巻上げ防止・道路の清掃・街路樹などの保護・トンネル内の壁面清掃・凍結防止剤の散布・機械設備の冷却・競馬場での砂塵防止散水の仕組みはタンク上部のマン掘るから水等の散水する液体を入れて、車両下部に散水ノズルから散水します。

散水方法は機関式にコントロールする方式と電気式のコントロール方式があります。これらの装置の動力は車両エンジンから供給させ駆動させる「PTO式」と車両エンジンとは別の専用エンジンを駆動させる「エンジンポンプ式」があります。

散水車高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両の散水車以外の車種

その他の形状

PAGE TOP