小型トラックについて

小型トラックとは

小型トラック小型トラックはいわゆる軽トラックのことを指します。燃費もよく車体価格も安くなりますし車検代も軽自動車と同じですからコストパフォーマンスは最高に良いといえます。そのため、日本の物流では非常に重宝されておりレンタカーでも多く扱われています。様々な車種が発売されていることから、使用する業種によって使い分けが行われています。日本の物流では欠かすことの出来ない車種ですが、業務用に止まらず個人でも使いやすいトラックのため中古市場でも多く出回っています。

小型トラックの特徴

小型トラックはそのサイズで定義が決まります。主に、軽トラックのサイズを指しており小型トラックという名称よりは軽トラという名称で呼ばれることのほうが一般的でしょう。大きさには多少の違いがありますが、おおよそ以下のようなサイズに収まります。全長3400mm以下、全幅1480mm以下、高さ2000mm以下、排気量660cc以下となります。コレより大きなものになると軽ではなくなりますので、小型トラックの定義から外れることになります。軽トラックですから、普通運転免許を保持していれば運転することが可能で大型運転免許などは必要ありません。

日本ではダイハツなどから発売されているハイゼットなどが主流になっています。形状は様々なものがありますが、平ボディから箱型、冷蔵冷凍車などバリエーションに飛んでいます

小型トラック高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

小型トラック以外のサイズの車種

その他の形状

PAGE TOP