三転ダンプについて

三転ダンプとは

三転ダンプ一般的なダンプカーは荷台部分を後方に傾けることで、積載物を排出します。しかし、土木現場や建設現場の場所によっては、積載物を横や後方に排出したいときがあります。そんなときに役立つのが「三転ダンプ」です。リアダンプとサイドダンプの機能を併せ持ったダンプカーです。

三転ダンプの特徴

三転ダンプは、荷台を後方や両サイドへ自由に傾けることができます。そのため側溝工事や交通量の多い現場、狭小地での工事など、普通のダンプカーでは作業しにくい場所でもスムーズに作業を行えます。三転ダンプには通常のアオリが低いタイプと、アオリに高さのある深ダンプタイプがあります。アオリが低い三転ダンプは、土砂や産業廃棄物などを運ぶために使われ、深ダンプタイプの三転ダンプは、造園や酪農でも役に立ちます。

「三転ダンプ」は「三方向に傾斜が付けられるから」という単純な命名ですが、三方向に自在に傾斜を付けるというのは、実はとても複雑な動作になります。内部ではボールジョイントという技術が使われ、油圧ポンプで三方向への傾斜ができます。見た目は通常のダンプカーと変わりなく、実際に作業している姿を見ても、三方向に動くのを確認しなければ三転ダンプだと分かることはありません。一般への認知度はあまり高くないダンプですが、様々なシーンで役立つ上位互換車両です。

三転ダンプ高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

ダンプの三転ダンプ以外の車種

その他の形状

PAGE TOP