不整地運搬車について

不整地運搬車とは

不整地運搬車不整地運搬車とは、不整地のなかで荷物を運搬したりするのに使われる特殊自動車のことをいいます。主として工事現場において荷役作業をするのに使われています。そんな不整地運搬車の種類としては、乗車式や歩行式、或いはオフロードダンプトラックなどがあります。

不整地運搬車の特徴

乗車式の不整地運搬車は、クローラ式とホイール式の二つのタイプにわけられます。乗車式の場合、油圧装置を載せているものが多く、ダンプ式の荷台があるのが一般的です。また、歩行式の不整地運搬車は主に操縦席がないタイプであり、ダンプ機構があっても手動で動かすものが多いようです。ただし、歩行式であってもディーゼルエンジンを持つものはかなり大型であり、油圧装置を装備しているものもあるようです。

その他のオフロードダンプトラックについては、重ダンプトラックやダンパーなどとも呼ばれるものです。これらは不整地運搬車の一種とみなされ、普通の自動車のように丸いハンドルを使って運転操向ができるようになっています。このオフロードダンプトラックは、前者の二種類とは別格と意識されており、積載能力や走行速度の面で高く評価されています。

不整地運搬車高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

建機の不整地運搬車以外の車種

その他の形状

PAGE TOP