ロードスイーパーについて

ロードスイーパーとは

ロードスイーパーロードスイーパーは主に汚れが酷い道路を綺麗に清掃する特別用途自動車です。汚れの大半は泥や落ち葉などになり、定期的な清掃を必要とします。清掃時には砂埃などホコリの舞い上がりを防ぐために、車体先端のノズルから水を撒きます。その後、車体下部に設置しているブラシを回転させつつ路面をこすって取り除き、取り除いたゴミを車体中央に集めて、メインブラシで回収しタンクに積載します。清掃によって収集したゴミでタンクが満タンになると処分場へ運搬して排出します。

ロードスイーパーの特徴

道路わきのゴミをターゲットしたすいように、左ハンドル仕様になっている車両もあります。ロードスイーパーの主な目的は道路のメンテナンスと交通の安全のためであり、一般者が安全に走行するためには欠かせない存在です。車体の全長は7メートル以上にもなり、幅は約2.5メートルです。車両重量は12トンを軽く超え、1時間で清掃可能な路面距離は3キロ〜30キロまでを可能とします。

低速走行しながら掃除するため、交通渋滞などを考慮して夜間に清掃する場合が大半です。基本的に散水するのは水が大半ですが、殺菌するための薬剤を混ぜた液体を散水することもあります。これは衛生面を考慮した清掃を行う場合に使われることがあります。

ロードスイーパー高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両のロードスイーパー以外の車種

その他の形状

PAGE TOP