リアダンプについて

リアダンプとは

リアダンプリアダンプは「ダンプカー」と聞いて誰もが想像する一般的なダンプカーです。荷台部分を高く持ち上げ、後方に積載物を排出する、ダンプカーの中で最も一般的なタイプです。ダンプカーという言葉は、特に指定のない場合は「リアダンプ」を指します。土砂や砂利、産業廃棄物、飼料、木材チップなどの運搬に使用され、主に工事現場や建設現場、農場で活躍します。大型のダンプは、採掘現場などでも活躍します。ショベルカーなどで荷物を積み込み、ダンプアップさせて一気に積載物を排出するため、効率の良い作業が可能になります。

リアダンプの特徴

リアダンプは、非常に普及しているダンプカーなため種類も豊富です。様々なメーカーから色々なタイプのものが製造・販売されています。アオリ部分が深くなっている深ダンプ(チップダンプファームダンプなど)や、車体がとても長いロングダンプなどがあり、小型から大型まで様々です。

大型の車両には、公道を走れず工事現場のみでしか見ることが出来ないタイプもあります。工事現場などで活躍する大型のオフロードダンプもリアダンプの一種です。ただし、リアダンプは後方へ荷台を持ち上げるため、荷台の高さ分の空間が必要になります。屋根のある場所や高さ制限のある場所では、作業ができないというデメリットがあります。

リアダンプ高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

ダンプのリアダンプ以外の車種

その他の形状

PAGE TOP