発電機について

発電機とは

発電機発電機とは、電気のない建設現場での電源として活躍してくれるものです。大型水中ポンプやベルトコンベアー、各種電動工具などの動力源としても使用することができます。極超低騒音運転のものもあり、住宅地や市街地、夜間での作業などに最適であるといえます。

発電機の特徴

発電機の種類として種類には、小型発電機、超低騒音発電機、極超低騒音発電機などがあります。小型発電機は、小型で持ち運ぶのに便利なポータブル発電機であり、電動工具、水中ポンプ、夜間照明などの動力源として様々な場面で活躍してくれると思います。また超低騒音発電機は、大型水中ポンプやベルトコンベアー、そして各種電動工具などの動力源としても使うことができます。それに低騒音であるため、あまりうるさい音が響くことがありません。そして極超低騒音発電機は、非常に低騒音運転であるため、住宅地や市街地、夜間などでの作業をするのに最適な機械ということになります。

発電機は、主にディーゼルエンジンやガソリンエンジンなどを用いて発電できる装置で、様々なサイズのものがあります。電圧のほうも、100Vや200V、400Vなどスイッチを使って切り替えることができるものが多いです。

発電機高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

建機の発電機以外の車種

その他の形状

PAGE TOP