削孔機械について

削孔機械とは

削孔機械というのは、主に工事現場において地面などに孔をあけるための機械のことをいいます。削孔機械にはクローラドリルやボーリングマシン、ロードヘッダなどの種類があります。

削孔機械の特徴

クローラドリルは、岩石などに孔をあけるためにつくられた自走式機械であり、主として硬い岩石に発破をかけるための削孔をあけるために使われます。クローラ式の台車の前の部分に、孔をあけるための装置がとりつけられています。クローラとは、ブルドーザーなどによくある走行装置の名前であり、この装置を開発した会社の名前からキャタピラーなどとも呼ばれています。

またボーリングマシンとは、地盤調査や工事などのため、地中へ向けて細長い孔をあける作業であるボーリングをを行う機械のことです。その先端にはビットと呼ばれる切刃がついており、パイプを回転させながら地中を削孔します。

そしてロードヘッダは、自由断面トンネル掘進機のことですが、最も始めに導入された商品名がロードヘッダであったためにそう呼ばれています。ロードヘッダは断面の形が任意の岩石トンネルを掘るための機械であり、先端には掘削ヘッドがついていてそれを回転させることにより岩石を掘り進むようになっています。

削孔機械高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

建機の削孔機械以外の車種

その他の形状

PAGE TOP