大型トラックについて

大型トラックとは

大型トラック大型トラックは一度に大量の積荷を輸送できることから、長距離輸送にポテンシャルを発揮します。日本のように大都市間の距離が適度に離れている場合は、航空機を使用するよりもトラックでの輸送のほうがコストが安く抑えられることから、特に重宝される車両となっています。大型トラックはその大きさから通行に際しても様々な制限が掛かることがあり、左折や右折が出来ない道路が存在します。さらに、高速道路などでは大型や特大のみが走行できるレーンや時間帯が存在します。それほど特別な車両であるということが言えるでしょう。

大型トラックの特徴

大型トラックはその条件として車両総重量が8トン以上で最大積載量が5トン以上であるということになります。定義が以上となっているので、10トントラック、20トン、25トンなども大型トラックとして分類することが出来ます。要するに大きなトラック=大型トラックということになり、大型運転免許がなければ運転できないトラックという位置づけになります。

サイズで見た場合、全幅12メートル、全幅2.5メートル、高さ3.8メートル以内という定義に当てはまる車両ということになります。中型トラックと異なるのは車両総重量であり、普通免許で運転可能かどうかで判断することが出来るでしょう。

大型トラック高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

大型トラック以外のサイズの車種

その他の形状

PAGE TOP