幌車について

幌車とは

幌車幌車は、一般的な平ボディの荷台部分に幌骨受けがあり、幌シートで荷台全体を覆うことができる車両です。屋根はありませんが、荷台がアオリと幌布で囲まれるため、雨の時でも荷物を濡らさずに運べます。幌は、人の手でシート掛けするタイプの他に、パイプ製の幌枠と幌シートでワンタッチ装着できるもの、アコーディオン式幌車などがあります。後方開閉できるものが一般的ですが、カーテン式などもあります。幌の素材は、綿やポリエステル素材でできており、防水仕様となっています。

幌車の特徴

幌車は、荷台が軽量かつ積載量が多いため、一般的な運送業や自動車部品の運搬、小規模な引越し、小口配送などに使用されます。ただし、パネルバンアルミバンなどのように完全に雨風を防ぐことはできず、強風や暴風の場合は幌の隙間から雨水が浸入する可能性があるため、精密機器などの運搬には向きません。

また、荷台部分に施錠ができないため、盗難対策は高いとはいえませえん。また、幌は布製なので経年劣化が早く、メンテナンスも定期的に必要になります。幌車には、比較的小さな車両が多く、軽トラを始め大きくても4t(トン)程度の車両が普及しています。

買取の王道にご売却いただいた幌車車両の一例

レンジャー幌車
171万円

上物:パブコ

装備: 6700ボディ・ショートキャブ・ワイド

レンジャー

ウィング・バンの幌車以外の車種

その他の形状

PAGE TOP