グレーダーについて

グレーダーとは

グレーダーグレーダーは車両の下部に装備しているデコボコの突起あるブレードを使って、 地面などを削って整地する能力をもった特殊車両です。 このブレードは長さに違いがあり、ブレードの長さによって機械のサイズが決まるのです。 主な活躍場所としては大規模な土木工事などで使われるほか、 雪国など多雪地域では道路上の雪を掻き分けるための除雪車としても活躍します。

グレーダーの特徴

グレーダーは小さい機種になると、小規模から中規模な道路工事でもよく見かけることがあります。 ブレードは運転席に設置されているスイッチによって、左右に傾斜させることができ、 傾斜を上手く操作して地面を一定の高さに均等に整地していくことが出来ます。 削った際の反作用を受けて前輪を傾けることが出来るリーニングと呼ばれる装置を 装備していることから、車体は見かけよりも小回りが利くというメリットを持っています。 タイヤローラーやロードローラーで締め固めを行う前に、整地を行うのが主な目的です。

また、この機械を操作するためには、 車両系建設機械運転者(整地・運搬・積み込み・掘削用)の資格を保有している必要があります。 道路整備や建築現場では欠かすことが出来ない車両であり、様々な場所で活躍しています。

買取の王道にご売却いただいたグレーダー車両の一例

GD505A-3モーターグレーダー
400万円

上物:-

装備: スカリファイア付

GD505A-3

重機のグレーダー以外の車種

その他の形状

PAGE TOP