フルクレーンについて

フルクレーンとは

フルクレーンフルクレーンはトラッククレーンの一種です。 荷台部分がなく、走行用の運転席とクレーン操縦席が別々になっています。 シャーシの部分はトラック仕様なので、高速移動、長距離移動が可能なクレーン車で 建築現場、橋梁架設工事などで多くみかけるトラックです。 街中でも見かけることの多い車両です。

フルクレーンの特徴

フルクレーンは各メーカーより小型から大型まで幅広く作られていますが 小型のタイプはトラックメーカーのトラックシャーシをそのまま使う汎用タイプが一般的です。

クレーンの駆動は油圧ポンプで油圧モータや油圧シリンダを動かす油圧式と 動力を機械的に伝達できる機械式などがあります。 ただし機械式は数を減らしており、ラフテレーンクレーンなどに置き換わりつつあります。 作業時にはアウトトリガーを車体から張り出すため、重たい荷物でも 転倒することなく、安全に荷揚げ、荷下ろしすることができます。 ただし、重たい建材などを持ち上げる場合には、アウトトリガーが揺るがないよう 強固な地盤と広いスペースが必要になります。 30トン以下の車両は一般道路を走行することが可能で クレーン部分は360度旋廻するため大型車両でも細かい作業が可能です。 トラッククレーン同様にクレーン操作にはトラック免許に加え 「移動式クレーン運転士免許」が必要になります。

フルクレーン高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

クレーン付のフルクレーン以外の車種

その他の形状

PAGE TOP