深ダンプについて

深ダンプとは

深ダンプ深ダンプは、荷台部分のアオリが一般のダンプトラックより高くなっている特殊なダンプトラックです。積載物は飼料、木材チップ、石灰、産業廃棄物などの軽比重物です。かさばりはしますが、軽い物をたくさん積載することができます。土砂などの重比重物は運搬することができないため「土砂禁ダンプ」とも呼ばれます。運搬する内容物によっては「チップダンプ」と呼ばれることもあります。深ダンプは上部が開放されているため、ショベルカーなどで一気に上部から積載物を積み込むことができます。

深ダンプの特徴

深ダンプは、傾斜をつけて一気に積載物を排出できるため、効率的に作業ができます。積載物は飛散しやすい軽比重物のため、シートで覆いながら行います。高性能なものには、運転席でワンタッチ操作ができるパワーシート付きダンプがあります。

積載物を降ろす方法は、ダンプトラック同様に、後方に傾けるリアダンプ、左右に傾けるサイドダンプ、三方向に傾斜させる三転ダンプがあります。アオリが深いため、一枚ではなく二段折りになっているものもあり、内容物の高さによって調節することができるタイプもあります。また、積載物をアオリで守ることができるため、小型重機などの運搬にも使用されます。

深ダンプ高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

ダンプの深ダンプ以外の車種

その他の形状

PAGE TOP