フォークリフトについて

フォークリフトとは

フォークリフトフォークリフトは荷物を簡易に運搬することにできる特殊自動車で、主に荷役作業に使われます。例えば、倉庫や工場、市場、ホームセンター、貨物駅、港湾などの構内、建築工事現場などが主な作業場所です。原動機はバッテリーを使用するタイプと、エンジンを搭載したものに分類することが出来ます。エンジンタイプの燃料としてはガソリン、石油ガスが主になりますが大型のフォークリフトの場合はディーゼルエンジンを使用し、原料は軽油を使うことになります。

フォークリフトの特徴

フォークリフト前方に装備しているフォークと呼ばれる爪のような部品を、パレットといわれる荷物の乗せる荷役台に差し込むことで容易に荷物を運ぶことが出来るのです。このフォーク部分が特徴的であるためにフォークリフトといわれているのです。

さらにホイールベースが非常に短く設計されていることから、小回りが利き機敏な動きを可能としています。そのため、市場や倉庫などの狭い通路となっている場所での運搬作業や荷物の積み下ろし作業に最も適している重機となります。

さらに、マストと呼ばれている前方に設置されている支柱が伸縮するため、高所にある荷物を降ろすことにも優れた性能を発揮します。物流システムでは無くてなならない重機として活躍しているのです。

買取の王道にご売却いただいたフォークリフト車両の一例

FD40フォークリフト
55万円

上物:-

装備: -

FD40

重機のフォークリフト以外の車種

その他の形状

PAGE TOP