活魚運搬車(活魚車)について

活魚運搬車(活魚車)とは

活魚運搬車(活魚車)活魚運搬車とは港から市場や料亭まで生きたままの状態で、魚介類を運搬するために開発された専門の特別用途自動車です。日本においては魚を新鮮な生きたままの状態で運ぶことが要求されるため、欠かすことの出来ない車両となっています。

活魚運搬車(活魚車)の特徴

魚介類を生きたままで搬送するというのは非常に高度な技術を必要としますが、それらを支えているのは以下のような装置です。エアー循環器、酸素の供給、濾過装置、水流水温調節機などです。これらの装置によって外気温の影響を受けることなく魚介にとって最適な状態で搬送することを可能としているのです。また、水槽は断熱効果を高めるために軽量かつ耐食性、遮熱性に優れたFRPと断熱材の複合版等を使って構成されているのです。オプションとして水槽内を確認できるモニターや水温計なども装備可能です。

魚介類の積載量は、通常水量の10-30%程度が標準となっており、水槽内を網の目式の間仕切りで仕切ることで異なる種類の魚介類を同時に搬送することも可能です。

この活魚運搬車によって、水揚げされた地元でのみでしか食されなかった食材なども、日本全国で新鮮なまま食べることが可能となりました。課題としては、海水を積載した状態で運ぶことから長期的に利用すればするほど車体の傷みが進んでしまうということで、改良が重ねられています。

活魚運搬車(活魚車)高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両の活魚運搬車(活魚車)以外の車種

その他の形状

PAGE TOP