Fゲートダンプについて

Fゲートダンプとは

FゲートダンプFゲートダンプは、土砂などを運搬するために開発されたダンプで、一般ダンプに分類されます。Fゲートダンプと同じ形状でLゲートダンプと呼ばれるものがありますが、実は同じダンプのことを指しています。どうして「F」や「L」といった頭文字になっているかというと、Fはテールゲートがフラット(flat)になることからその頭文字の「F」を取ったもので、Lはテールゲートがローマ字のL字になっているためです。業界ではLゲートダンプと呼ぶことが多いですが、Fゲートダンプで使われることもあります。

Fゲートダンプの特徴

Fゲートダンプは土砂や岩などを運搬するために開発されたダンプで、それらに特化した特徴を兼ね揃えています。まず、アオリと呼ばれる荷台を囲っている板については、通常のダンプでは上下にヒンジが付いていて、それらを開閉する仕組みですが、Fゲートダンプは下側のヒンジが開閉する仕組みになっています。そのため、滑り台のように真っ直ぐでフラットな状態になります。荷台を持ち上げることで土砂などを滑り落とすことが可能です。

さらに、Fゲートダンプのアオリは通常よりも板が浅く作られています。Fゲートダンプは岩車(がんしゃ)とも呼ばれることがあったほどで、現在では土砂の他にアスファルト、コンクリート、石炭がら、岩を運搬します。岩や大きな製品などを運搬することが多いため、中古車の場合は荷台の床がデコボコしていることがあります。しかし、性能面では全く問題ではありません。

Fゲートダンプ高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

ダンプのFゲートダンプ以外の車種

その他の形状

PAGE TOP