粉粒体運搬車(飼料運搬車)について

粉粒体運搬車(飼料運搬車)とは

粉粒体運搬車(飼料運搬車)粉粒体運搬車(飼料運搬車)は養豚、養鶏、酪農などで飼育されている 家畜の餌を牧草や配合飼料、木の実、ドッグフードなどの乾餌を輸送する車両です。 粉粒体運搬車はバルク車、ホッパー車、エア車などと呼ばれることもあります。 仕組みはどれも同じものであるため、装備としての違いは殆どない車両形状です。

粉粒体運搬車(飼料運搬車)の特徴

荷台に装備しているタンクに上部から運搬する餌を投入し、コンプレッサーで 流動化させ効率よく排出できるような仕組みになっています。 酪農や畜産業界にとっては欠かすことの出来ない車であり、 新鮮な飼料を安全な状態で運ぶことが要求されます。 飼料を詰め込むタンクは逆三角形になっており、タンクをダンプアップすることで タンク内に飼料を残すことなく一気に排出できるような車両もあります。 また、飼料を輸送するということで当然ながら衛生面は十分な管理をする必要がありますので、 消毒液などの衛生管理装置を装備している車両があります。

車体の大きさは2トンクラスの小型トラックから、フルトレーラーなどの大型トラックまで 幅広く対応していることから、経済性に優れたものとなっています。 見た目ではタンクローリーと酷似しているため、間違いやすいですが 輸送する対象物が異なるという点で装備も異なっています。

粉粒体運搬車(飼料運搬車)高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両の粉粒体運搬車(飼料運搬車)以外の車種

その他の形状

PAGE TOP