クローラクレーンについて

クローラクレーンとは

クローラクレーンクローラクレーンは、車体の走行装置がクローラーになっている特殊車両で、 走行装置がク ローラーのため一般公道を走行することは出来ません。そのため、現場まではトレーラーなど大型貨物を積載できる車両で運搬します。

クローラクレーンの特徴

大型車種の場合は、いくつかのパーツに分割し運搬することになります。小型のミニクローラークレーンはカニクレーンとも呼ばれており、ラジオのアンテナのように伸縮可能なブームを装備しています。小型の場合、吊り上げ重量は4.9トン未満になります。世界最大級のものでは2000トンもの荷物を吊り上げることが出来ますが、その場合のブームは解体可能なもので現場で組み立てて使用するラチスブームとよばれるブームを装備することになります。クローラーが地面に設置した状態で吊り上げ可能なので、クレーンで吊り上げた状態のままで移動することが可能な車種もあります。

ミニクローラークレーンはアウトリガーを装備していませんが、クローラーが設置している面積が多いため、安定性に優れているという特徴があります。そのため、軟弱な地盤や整地されていない場所での吊り上げ作業に適しています。クローラクレーンの主な作業場所は港や工事現場などになりますが、大規模なものは港が主な作業場所となります。

クローラクレーン高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

重機のクローラクレーン以外の車種

その他の形状

PAGE TOP