コンクリートプラントについて

コンクリートプラントとは

コンクリートプラントは超速硬コンクリート製造用の連続練ミキサー機能のうち、移動式のコンクリートプラントを装備した車両のことです。自走できるため、いつでもコンクリートを混練することが可能です。さらに、作業効率を上げるために連続練ミキサーを使用しているので作業を途切れさせることがありません。

コンクリートプラントの特徴

コンクリートプラントの移動式プラントでは混練できる規模に限界があるのではないかという印象がありますが、コンクリートプラントは移動式でありながら1トン程度の小規模なものからから100トンを超えるような大規模工事にまで対応することが可能となっています。

コンクリートの製造にあたっては、材料や数量など必要な情報を全てコンピュータによって計量しています。また製造するコンクリートの量もコントロールすることができ、1時間あたりの製造量は5トン~10トン程度までが可能となっています。このように材料から製造するコンクリートの量までを全て管理することが出来るため、現場での作業進捗にあわせて製造することができ、無駄に作りすぎるということが発生しにくいように調整することが出来ます。

コンクリートプラントで使用している超速硬コンクリートは短時間(2~3時間)で硬化するため硬化工程に時間を取られることがありません。移動式でありながら多様な現場に対応することが出来る優れた車両といえます。

コンクリートプラント高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両のコンクリートプラント以外の車種

その他の形状

PAGE TOP