締固め機械について

締固め機械とは

締固め機械締固め機械は大きく分けるとローラ系と平板式の二つの種類があります。ローラ系締固め機械の代表的なものとしては、ロードローラ、タイヤローラ、タンピングローラなどがあり、平板式の締固め機械には、プレートコンパクタ、タンパなどがあります。また、これらの機械はさらに、自走式や牽引式、或いはその重量などによっても細かい種類があります。

締固め機械の特徴

現在、国内でよく使われる主な締固め機械としては、大型振動ローラやタンピングローラ、タイヤローラ、ブルドーザーなどがあるようです。たとえば、振動ローラのフラットロールタイプは、フラットロールを装着した土工用の振動ローラであり、主に砂状の土を固めるのに適しています。また、振動ローラのタンピングロールタイプは、タンピングロールを装着した土工用の振動ローラなのですが、粘性の土や泥岩などの締固めに適した車です。

その他、タイヤローラは空気タイヤの持っている特性を活かし、効果的に締固めができる車として重宝されています。 タイヤローラは、路床や路盤の転圧やアスファルト混合物の舗装、それに表層転圧などにいたるまで様々な広い用途で使われています。

締固め機械高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

建機の締固め機械以外の車種

その他の形状

PAGE TOP