キャンピングカーについて

キャンピングカーとは

キャンピングカーキャンピングカーは車の中で生活しながら移動することを目的とした生活に必要な設備を搭載した自動車のことです。生活するということは当然ですが寝泊りも可能となっています。道路運送車両法の構造要件を満たすことで、特殊用途自動車として8ナンバー登録することで公道を走ることが可能となります。

キャンピングカーの特徴

キャンピングカーの種類には、以下のようなものがあります。

・専用シャーシを架装したフルコンバージョン

・キャブ付きのシャーシを架装したキャブバージョン

・軽自動車をベースにした軽自動車キャンピングカー

・ワンボックスをベースにしたバンコンバージョン

マイクロバスをベースにしたバスコンバージョン

・牽引可能なタイプのトラベルトレーラー

・トラックなどの荷台に乗せるタイプのトラックキャンパー

・トラックの荷台に連結して牽引するフィフスホイールトレーラー

などがあり用途の幅、運転免許、予算に応じて選びます。キャンピングカーの最大の特徴として、寝泊りなど生活を可能にするという大前提があります。このため、仕様用途はアウトドア等のキャンプで使用されることが大半です。主な装備は、寝台、給湯器、調理設備とスペース、電気・ガスの熱源、水道供給設備、汚水貯蔵設備、シャワー、トイレ、冷暖房、冷蔵庫などまさに生活に必要なものは全て揃っているといっても良いでしょう。ただ最低限の設備を残して不要なものを削減することで予算の低減にもなります。価格帯は一般的な2トン車を基本に設計したもので700万円程度となります。低価格帯であれば軽自動車キャンピングカーなども人気となっています。

キャンピングカー高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

特殊車両のキャンピングカー以外の車種

その他の形状

PAGE TOP