ボトルカーについて

ボトルカーとは

ボトルカーボトルカーは、缶やペットボトル、瓶の清涼飲料水を運ぶ専門のトラックです。ボトルキャリアー、ベンティングカー、ボトル車と呼ばれることもあります。元々は1960年に、現在の近畿コカ・コーラ株式会社がルート販売に使用するために 須河車体株式会社に依頼して製造したのが始まりです。工場で作られた飲料を小売店や自動販売機へ運ぶときに使用されます。各種メーカーによってパネル部分にペイントがされているため、どのメーカーのボトルカーなのかが分かりやすい車両が多いです。自動販売機付近で補充のために停車している姿を、見かけることがあるかもしれません。

ボトルカーの特徴

ボトルカーは、荷台がバン仕様になっているため、アルミバンパネルバンに含まれます。大きな違いは、中身は仕切りによって飲料の種類を区別しながら積み込むことができる点です。アルミ製のパネルは錆びにくく清掃がしやすいため、衛生的に保つことができます。側面が左右スライド扉になっているタイプ、上下式のシャッターになっているタイプ、後方が観音開きになっているタイプなどがあります。

寒冷地では、運搬中に積載している飲料が凍らないように荷台に加工がされています。ボトルカーの上部は自販機付近に設置してあるゴミ箱から空き缶などを回収できるように、箱型のデッキになっている車両が一般的です。

ボトルカー高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

ウィング・バンのボトルカー以外の車種

その他の形状

PAGE TOP