穴掘建柱車について

穴掘建柱車とは

穴掘建柱車穴掘建柱車とはトラックの荷台にスクリュー状のドリル装置を装備している車両で、一般的な地盤から硬い岩盤まで様々な種類に対して対応できるようなラインナップが用意されています。また、作業時には風などによる転倒を防止するためにアウトリガーを地面に張り出します。このアウトリガーによって整地されていない場所でも安定して作業をすることが出来ます。

穴掘建柱車の特徴

穴掘建柱車は大きく分けて以下の3種類あります。

1.パイルドライバー

パイルドライバーは地盤を固めるために、地面に杭を打ち込む車です。大きなものでは地面に30mの長さの杭を打ち込めます。

2.アースオーガ

アースオーガはは地面に杭を打ち込むために必要な穴を、回転式のドリルで開けていきます。厳密な名称による区別はなく、回転式パイルドライバーと呼ばれることもあります。

3.アースドリル

アースドリルは地面に直径の大きな穴を掘る車です。大きなものでは地下66mの深さまで穴を掘ることができます。穴を開けたときに出る土砂はバケットの中にためて外に排出します。主な用途として、信号機や道路標識の電気工事、通信工事、住宅などの基礎工事時の穴掘りに使用されます。

買取の王道にご売却いただいた穴掘建柱車車両の一例

エルフ穴掘建柱車
250万円

上物:アイチ

装備: アースオーガー・ジャッキ・車輪止め

エルフ

エルフ穴掘建柱車
180万円

上物:アイチ

装備: ドリルオーガー・上物動作良好

エルフ

エルフ穴掘建柱車
145万円

上物:アイチ

装備: タイガー仕様・バックホー・キャノピー

エルフ

特殊車両の穴掘建柱車以外の車種

その他の形状

PAGE TOP