基礎工事用機械について

基礎工事用機械とは

基礎工事用機械基礎工事用機械とは、建設工事や土木工事などの基礎を造成していくのに使われる機械ということになります。その種類には、杭打ち機、アースドリル、リバースサーキュレーションドリルなどがあります。

基礎工事用機械の特徴

基礎工事用機械の一つ、杭打ち機とは、杭頭を鋼製のリングで割れないように補強したPC杭や鋼管杭の上から大型のハンマーを落下させてその振動を用いて杭を打ち込む機械です。またアースドリルは、掘削用のドリリングバケットというものを回転させ、地面に孔をあけるという機械になります。リバースサーキュレーションドリルとは、都市内の土木工事などに主に使われるもので、振動や騒音などが少なく回転ビットによって孔底を掘削っていく種類の機械なのです。

その他、ディーゼルハンマや油圧ハンマー、アースオーガなどが基礎工事用機械のなかには入っており、ディーゼルハンマは2サイクルディーゼルエンジンの原理を利用して杭や矢板を打撃して打ち込む機械のことをいいます。油圧ハンマーは、油圧によって持ち上げたラムを落下させることにより、杭を打ち込んでいく杭打ち機です。ディーゼルハンマよりもうるさい音が響かず、油煙が飛び散るような害も少ないというメリットがあります。

基礎工事用機械高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

建機の基礎工事用機械以外の車種

その他の形状

PAGE TOP