オールテレーンクレーンについて

オールテレーンクレーンとは

オールテレーンクレーンオールテレーンクレーンはクレーン車の一種で、超大型のトラッククレーンと ほぼ同じ構造をしています。 オールテレーンとは全ての地形という意味で、どのような不整地でも走行か可能となるよう 設計されていて荒地であっても作業を行うことが出来ます。 高速走行可能な大型クレーン車としても使用可能で、オルタークレーンとも呼ばれています。

オールテレーンクレーンの特徴

オールテレーンクレーンのタイヤは通常のトラックと違い、多数装備されています。 車両下部に設置されている運転席で走行し、クレーン操作は上部旋回体の運転席を使用します。 吊り上げ能力は通常100トン以上で、国産では最大で550トンの荷物を吊り上げることが出来ます。

車体が大きいため小回りできないような印象がありますが、全車輪が駆動し操舵が可能となっているので 小回りが可能となっています。 作業現場への移動は上部旋回体は切り離し、下部走行体のみで移動することになります。 上部旋回体は夜間に先導を伴って運搬します。 運転するためには、大型自動車運転免許があれば可能となっており、高速走行も可能です。

作業現場では転倒防止のためにアウトリガーを地面に張り出して作業し、 ラジオアンテナのように伸縮可能なテレスコピックブームで吊り上げを行います。 超重量の荷物を吊り上げるなどするため、安定性を確保する目的でタイヤを多数装備しているのです。

オールテレーンクレーン高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

重機のオールテレーンクレーン以外の車種

その他の形状

PAGE TOP