4t(トン)トラックについて

4t(トン)トラックとは

4t(トン)トラック4t(トン)トラックとは、車両総重量が8t(トン)以下で最大積載量は5t(トン)以下の車両で平成19年6月以前に普通免許を取得している人は、そのまま運転することが可能です。法改正後に普通免許を取得した人は、中型免許がないと運転することは出来ません。サイズに関しては様々な種類が開発されており、標準サイズからロング、スーパーロング、ワイドなどまで様々なバリエーションがあります。それぞれ積載量が異なるため、輸送する対象によって使い分けることが出来ます。

4t(トン)トラックの特徴

4t(トン)トラックの詳細なサイズは以下のとおりですが、メーカーによって若干の差があります。

標準ボディ

全長7・6メートル、全幅2.2メートル

ロングボディ

全長8.6メートル、全幅2.2メートル

スーパーロングボディ

全長9.6メートル、全幅2.2メートル

それぞれのワイドボディ

全長は各種に順ずる、全幅2.35メートル

このように様々な形状を持ったトラックとなっており、数多くあるトラックの中でもバリエーションの豊かな車両といえます。一般的に誤解されやすいのが、4t(トン)トラックというと4t(トン)までの荷物しか積めないと考えられることが多いのですが、実際には8t(トン)まで積載することが法律上では可能となっています。

4t(トン)トラック高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

4t(トン)トラック以外のサイズの車種

その他の形状

PAGE TOP