2t(トン)トラックについて

2t(トン)トラックとは

2t(トン)トラック2t(トン)トラックは車両総重量が5トン未満で最大積載量が3t(トン)未満のトラック車両のことを指しています。大きさを簡単に言い表すと、宅配便のトラックやコンビニなどへの配送車、引越しなどに使われる引越車が2t(トン)トラックといえます。平成19年の6月以降に中型免許が新設されましたが、普通運転免許で運転が可能な車両の中で一番大きなものがこの2t(トン)トラックになります。通常、トラックというとこの2t(トン)トラックを指す場合が多く、日本では一番多く流通しているトラックと言われています。

2t(トン)トラックの特徴

2t(トン)トラックの車両サイズはメーカーによって多少の誤差がありますが、主なサイズとしては以下のとおりになります。

・ショートボディ

全長4.7メートル、全幅1.7メートル

・ロングボディ

全長6メートル、全幅1.9メートル

・ワイドロング

全長6メートル、全幅2.1メートル

2t(トン)トラックは普通免許で運転できることから、レンタカーなどでも頻繁に需要のある車両であり、特に引越しなどで使われることが多いようです。引越し業者に依頼するよりも自分で車両をレンタルして運ぶほうが、コストパフォーマンスに優れているということだと考えられます。それほど、この2t(トン)トラックというのは扱いやすく、経済的にも重宝される車両といえます。

2t(トン)トラック高額買取致します。 フリーダイアル0120-10-3535 営業時間9時~19時(日曜除く) カンタン!30秒の無料高額査定はコチラ
メーカー 年式
車種名 走行距離(km)
形状 型式

2t(トン)トラック以外のサイズの車種

その他の形状

PAGE TOP