王道のトラックコラム

日立トラッククレーン

日立トラッククレーンの特徴

トラッククレーンの画像

一般的なクレーン車

建設機械や重機類に属する車両の中に、日立のトラッククレーンと呼ばれているものがあります。

一般的なクレーン車は、クレーンがメインとして設定されていて、タイヤ部分には戦車のようなキャタピラが用いられています。

また、クローラクレーンと呼ばれるものもあり、走行速度が遅く公道を自走できないものが多いため、移動する際は一般的に、大きな荷台を持っているトラックなどに乗せて走行します。

日立のトラッククレーン

その一方で、日立のトラッククレーンの場合は、一般的なトラックの後部にクレーンが乗せられている形状になっています。
そのため、フロント部分は通常の日立のトラックと同様のスタイルなので、運転方法に関しても一般的なトラックと全く同じです。

日立のトラッククレーンは、基本的にトラックとクレーン部分の両方に運転席が用意されていて、クレーンを操作する場合は、勿論クレーンの運転席に移動が必要です。

キャタピラ式のクレーンと比較した場合、その大きな特徴として機動力に優れていることが挙げられます。
一般的な公道でも問題無く自走することが可能なため、一定のスピードを保ったまま現場に移動できます。

主な利用方法としては、例えば鉄骨などの非常に重量のある物を吊り上げることが可能なので、建設現場や建築現場、そして解体工事などを行う場面で活躍しています。

~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP