王道のトラックコラム

いすゞGVW14.5

いすゞ(ISUZU)中型トラックGVW14.5の魅力

いすゞトラックの画像

いすゞトラックの歴史

いすゞ(ISUZU)のトラックは1970年代に初代の中型トラックを開発し販売を行ってから、長い歴史を持っています。

これまで5代目となる中型トラックまで発表されていますが、その中でもいすゞ(ISUZU)のGVW14.5t(トン)トラックは非常に高性能な中型トラックとして人気を得ています。

優れた安全性と幅広いオプション

GVW14.5型は、アルミ製の箱型の荷台を設置することができ、255馬力を誇るエンジンを搭載しています。

運転席となるキャビン部分は広めに設定されていて、視界が良好になるようにガラス面も広くなっています。
その結果として、左右と上下の両方の視界に優れた環境であり、安全運転を行うことに適している構造ということになります。

また、いすゞ(ISUZU)独自開発の空力を考慮した大型のミラーも取り付けられていて、後部の視界もしっかりと確保されています。

トラックとしては珍しいディスチャージ式のヘッドライトを装備していて、フロントサイドにはコーナリングランプも設定されており、常に安全性を考慮した作りになっています。

そして、車種やオプションなどの設定によっても異なる部分はありますが、いすゞ(ISUZU)のGVW14.5ではイモビライザーを設置することが可能とされていて、防犯性もしっかりと確保することができます。
さらにアンチロックブレーキシステムを搭載すれば、凍結路面での活躍も期待できます。

他にも数々のオプション設定が用意されていて、例えばホイールパーキングブレーキという坂道での駐車を容易にする機能や、オートクルーズシステムも搭載することができます。

中型トラックの場合、高速道路などを長距離走行する機会が多いですが、オートクルーズシステムによって一定速度を保つことができるので、安全性と高燃費の両方を実現できるというのはとても魅力的です。

~総合インフォメーション~ 総合インフォメーション:買取に関するご相談などお気軽にお電話ください。

たった30秒のスピード無料査定。簡単に買取金額がお調べできます。どうぞお気軽にお申込みください。

査定申込み

【王道】のこともっと知りたい

【王道】をもっと知っていただくためにこんなコンテンツも用意しております。

PAGE TOP